ガイドと行くまち歩き 松山はいく

松山はいくとは

お問い合わせ
  • Facebook
  • Tweeter
  • Google+

学校旅行で行く俳句の旅

専属ガイドがご案内するとっておきの松山観光と俳句体験

『松山はいく』なら、観光まち歩きがいっそう楽しい!
簡単な俳句指南と句会ライブで、手軽に俳句体験ができる!

『松山はいく』ガイドが、簡単に俳句を詠めるようになるとっておきの「コツ」を伝授します。
観光しながらの「俳句のタネ探し」=「吟行ぎんこう」へ。体験したことを書きとめたメモから五・七・五の俳句に仕上げましょう。観察力を高め、表現力を身につけるのに、俳句は最適です。
俳句をみんなで鑑賞し合う「句会ライブ」は、とても楽しいコミュニケーションの場。児童・生徒の意外な一面も見られる!と先生方から大評判。

松山城90分コース

行程

おすすめオプション施設

坂の上の雲ミュージアム

坂の上の雲ミュージアム
【見学に必要な時間:約30~50分】

2007年4月28日小説「坂の上の雲」の世界観を体感できる施設としてOPENした。設計は安藤忠雄。建物全体が大きな三角形になっている。
ゆるやかなスロープでつながれた展示室を見ていくと、3階西側のガラス越しに萬翠荘が眺められる。

萬翠荘(ばんすいそう)

萬翠荘(ばんすいそう)
【見学に必要な時間:約20~40分】

大正11年(1922年)に完成した愛媛初の鉄筋コンクリート地下1階、地上3階の洋館。松山藩主の子孫にあたる久松 定謨(さだこと)伯爵の別邸として建てられた。フランス・ネオ・ルネサンス様式の瀟洒な館は迎賓館として使われていた時期もあり、外観の見事さのみならず内部の装飾品の素晴しさも一見の価値がある。現在は各種イベントにも使用されている。

道後60分コース

行程

おすすめオプション施設

石手寺

石手寺
【見学に必要な時間:約30~45分】

四国遍路第五十一番札所の名刹。国宝「二王門」をはじめ、多くの重要文化財を擁する。衛門三郎再来伝説により、お遍路の起源の寺とも呼ばれている。

伊佐爾波神社

伊佐爾波神社
【見学に必要な時間:約30分】

創建から千年以上経つ神社。京都の石清水八幡、大分の宇佐八幡と並ぶ日本三大八幡造りのひとつ。江戸時代、流鏑馬必中祈願に訪れた松山藩主松平定長公がお礼に建てたと伝わる華麗な社殿は必見。

オプション

和気藹々と進められる句会ライブの楽しさは、一度経験するとやみつきになります。
※参加人数50~100名程度でセッティング可能 ※外注になるため、事前のスケジュール調整と正式な依頼が必要です。

講師

夏井いつき(俳人)
夏井いつき(俳人)

1957年生まれ。松山市在住。8年間の中学校国語教諭の後、俳人へ転身。「第8回俳壇賞」受賞など。俳句集団「いつき組」組長として創作活動&指導に加え、俳句の授業〈句会ライブ〉、全国高等学校俳句選手権「俳句甲子園」の創設、「俳都松山宣言」起草にも携わるなど幅広く活動中。平成27年5月「俳都松山大使」に就任。TBS「プレバト!!」俳句コーナー出演中。愛媛県公式サイト「吟行ナビえひめ」、松山市公式俳句サイト「俳句ポスト365」選者。著書に句集「伊月集 龍」「伊月集 梟」、「100年俳句計画」「子規365日」、「超辛口先生の赤ペン俳句教室」「夏井いつきの美しき、季節と日本語」など多数。

キム・チャンヒ
キム・チャンヒ

1968年生まれ、愛媛県松山市出身。俳句作家、ハイクライフマガジン『100年俳句計画』編集長、グラフィックデザイナー。
高知大学教育学部特設美術科卒。有限会社マルコボ.コムにて、句集の装丁などのグラフィックデザイン、各種俳句イベントの企画などを行っている。句会ライブでは、俳句を即興で絵に仕上げるライブペインティングパフォーマンス担当。
●2001年「SteppingOut(ステッピングアウト)」(個展)●2004年「白い鴉」(個展)開催●句集「COSMOS」(2013年)●松山大学コミュニティ・カレッジ講師「超初心者のための俳句入門」●愛媛新聞カルチャースクール「手ぶらで始める俳句入門」●NPO法人俳句甲子園実行委員会理事●まつやま俳句でまちづくりの会役員

家藤正人
家藤正人

1986年生まれ。愛媛県出身。愛媛大学法文学部卒。高校時代はボート競技に青春を捧げた、体育会系俳人。2012年度俳壇賞最終選考に残り、同年度北斗賞佳作受賞。
●合同句集「WHAT」Vol1,2,3。
●子育て応援空間ゆめーるYuMele「俳句教室」講師。
●愛媛新聞カルチャースクール「働く人と学生のための俳句入門」講師。

八塚秀美
八塚秀美

1971年生まれ。松山市在住。愛媛大学大学院教育学研究科修了。
日本俳句教育研究会・事務局長。高等学校国語科非常勤講師。
俳句を愛する教師を増やし、子どもたちに「俳句」の楽しさ、日本語の美しさ豊かさを知ってもらいたいと活動中。高等学校国語科の非常勤講師としては、「俳句」が学校現場での小さな文学体験に寄与することを実感する日々を過ごしている。
子規ジュニア養成講座「ジュニア俳句教室」、愛媛新聞カルチャースクール「作ってみよう~ジュニア俳句入門~」、同特別講座「いよ食談会」、愛媛新聞・フジカルチャースクール「楽しく読書感想文」

山澤香奈
山澤香奈

1983年愛媛県岩城村(現上島町)生まれ、愛媛県松山市在住。
愛媛県立伯方高校在学中第3回俳句甲子園に出場し優勝。以来、俳句に人生を楽しく豊かにしてもらう。
現在、月刊誌の編集、子育て中のママ友対象の句会や、NHK松山局制作「俳句キッズ」での事前俳句指導などを行う。
俳句甲子園実行委員会所属。
句集シングル「線路とぶらんこ」(マルコボ.コム)

料金について
  • ●人数・時間によって異なりますので、お問い合わせ下さい。上記モデルコース以外もご予算、他の日程等に応じてコース作成、ご提案させていただきます。
ガイドについて
  • ●お客様40名までを1班で催行可能です。
  • ●句会ライブは外注となります。ご希望の場合はできるだけ早いタイミングでご相談下さい。
お申し込みの際にご注意いただきたいこと
  • ●『松山はいく』を教育旅行でご利用の際には、松山市を通じてガイドを手配いただくことが可能です。
     松山市 観光・国際交流課
     TEL:089-948-6558
     FAX:089-943-9001
  • ●立ち寄り先の定休日などにより、ご要望通りのコースをコーディネートできないことがございます。
  • ●観光バスでの移動を含む場合は、別途バス駐車料金がかかることもございます。
  • ●お申込みの際には催行日、人数、ご担当者様のお名前、ご連絡先をお知らせ下さい。
お申し込み・お見積り・お問い合わせはこちら

松山はいく事務局

〒790-0003 愛媛県松山市三番町3丁目9-3 K-13ビル5F FAX:089-934-6626
電話番号:089-945-6445(10:00~17:00)

お申し込み・お見積り・お問い合わせ