第12回瀬戸内・松山国際写真俳句コンテスト
なぜ松山?
English

俳句の聖地・正岡子規ゆかりの「松山市」で新たな文化が開花する。

  1. トップ>
  2. 日本語課題句部門 課題写真・応募フォーム
作品募集

■ 日本語課題句 観光交流都市等部門

第12回課題写真次の中から応募する課題写真を選んでご投句ください。

 ※写真クリックで拡大表示します。

松山市の観光交流都市等

写真提供:神奈川県横須賀市
課題写真8観音埼燈台
(神奈川県横須賀市)
写真提供:熊本県熊本市
課題写真9夏目漱石内坪井旧居
(熊本県熊本市)
写真提供:愛知県犬山市
課題写真10博物館明治村 新緑のSL
(愛知県犬山市)
写真提供:広島県広島市
課題写真11紅葉の三瀧寺
(広島県広島市)
写真提供:東京都新宿区
課題写真12新宿区指定史跡
「佐伯祐三アトリエの地」
(新宿区佐伯祐三アトリエ記念館)
(東京都新宿区)
写真提供:埼玉県東松山市
課題写真13東松山市農林公園
「ひまわりの丘」
(埼玉県東松山市)
写真提供:奈良県斑鳩町
課題写真14斑鳩の古道
(奈良県斑鳩町)

※課題写真8〜14は、各観光交流都市等のご協力により掲載しています。

応募締切:2023年1月11日(水)

WEBからのご応募の方は以下のフォームにご記入ください。

下記入力欄「★」はすべて必須項目です。

作者氏名(本名)
俳号
俳号で作品を発表したい方は、
こちらにご記入ください。
国名/都道府県名 ※日本国内からの応募の場合は都道府県名をご記入ください。
電話番号
お電話にて受賞のご連絡を差し上げる場合がございます。
作者ご本人と連絡が取れる番号を確認して、お間違いの無いようご記入お願いいたします。
メールアドレス

確認のため、もう一度ご入力ください。

課題写真
俳句

応募上の注意※必ずお読みください。

入賞・入選作品の著作権は、作者に帰属いたします。
ただし、主催者は入賞・入選作品を掲載した印刷物を制作する権利を有するものとします。
印刷物やWEB上で入賞・入選作品が発表されることをあらかじめご了承ください。

  • 1) 課題写真に対して俳句のみ募集します。
  • 2) 応募点数は課題写真1枚につき、お一人様1点まで。(課題写真すべてにご投句いただいた場合、お一人様の投句上限は14句となります。)
  • 3) 自作・未発表のものに限ります。
  • 4) 課題写真の番号を間違えないようにご注意ください。

【個人情報の取り扱いについて】

ご応募いただいた方の個人情報は、作品の選考や連絡のために使用します。応募者ご本人の許可なくコンテストに関する業務以外には使用いたしません。また許可なく第三者に開示することはありません。
入賞作品につきましては、事前に通知後、作品発表のために、作者名(俳号または本名)・国名・都道府県名を公表させていただきます。
※募集要項に反する行為があった場合は、入選の取り消しや公式HP等への不掲載を原則に、主催者が対応を判断します。

ご注意いただきたいこと

  • 1) 応募時に作者氏名(本名)・国名と都道府県名・電話番号・メールアドレスを明記してください。これらの情報が判読不可能な場合、審査対象から外されることがございます。
  • 2) 最優秀賞・優秀賞の受賞者には電話もしくはメールでお知らせします。「 @asahiculture.com 」からのメールを受信できるように設定をお願いします。
    作者ご本人との連絡がとれなかった場合、入賞を取り消されることがございます。

( ↑ ここにチェックを入れてください)

主催

  • 松山はいく運営委員会、松山市

協力

  • 朝日新聞社、朝日カルチャーセンター

問い合せ先

  • 松山はいく事務局
    TEL:089-945-6445(平日のみ10:00~17:00)
    〒790-0003 愛媛県松山市三番町3-9-3 K-13ビル5F

メールでのお問い合わせは

  • 松山はいく事務局 
    matsuyamahaiku@bsec.jp まで

俳句ポスト365紹介

  • 松山市が運営する、俳句の投稿サイト。毎月1回新しいお題(兼題)が出される。
俳句ポスト365はこちら

瀬戸内・松山国際写真俳句コンテスト 制作物監修:愛媛大学ルース・バージン