瀬戸内・松山国際写真俳句コンテスト
English

俳句の聖地・正岡子規ゆかりの「松山市」で新たな文化が開花する。

作品募集 応募期間 2017年1月9日(月)まで ※郵送の場合、当日必着。 「写真で記録、俳句で記憶」写真俳句を楽しもう!旅先からの絵葉書にひと言添えるように、写真に5・7・5の句を詠んでみましょう。季語にとらわれず、気軽にできる「写真俳句」。とっておきの情報をお送りください。お待ちしています。

募集要項

応募期間

2017年1月9日(月)まで※郵送の場合、当日必着。

応募部門
①日本語自由句部門
②英語自由句部門
写真と俳句の組み合わせで募集。お題「海」を写真または俳句で連想させるもの
③日本語課題句部門
④英語課題句部門
課題写真(1)~(8)に対して、日本語または英語の俳句のみ募集
応募方法

WEBから応募フォームに必要事項を記入し、写真俳句作品といっしょに投稿してください。
①日本語自由句・③日本語課題句のみ、郵送でも受け付けます。

応募先
全部門WEB応募先
①日本語自由句部門
②英語自由句部門
③日本語課題句部門
④英語課題句部門
日本語自由句部門・日本語課題句部門の郵送による応募先
(英語自由句・英語課題句はWEBからのみ応募を受け付けます。)
朝日カルチャーセンター 瀬戸内・松山写真俳句事務局
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-1中之島フェスティバルタワー18階
審査員

【英語写真俳句】

デビッド・マクマレイ

デビッド・マクマレイ

俳号マック。1956年カナダ生まれ。ケベック大学大学院経営学科修士課程修了。鹿児島国際大学国際文化学部教授。
著書に[Haiku Composed in English as a Japanese language](Pukeko Graphics,)がある。朝日カルチャーセンター通信講座「英語で俳句を楽しもう」担当。外務省、欧州連合主催 第2回EU英語俳句コンテストの審査委員を務める。

ASAHI HAIKUIST NETWORK/ David McMurray

発表・表彰

選考後、2017年3月1日~10日の期間に、入賞者へ電話もしくはメールでお知らせします。
2017年3月18日(土)愛媛県松山市子規記念博物館において、審査員出席の表彰式、国際写真俳句イベントを開催。
入賞・入選作品は2017年4月3日(月)以降、コンテスト特設サイト上に発表いたします。

賞品
(1)日本語自由句部門
最優秀賞1点 3万円分相当ギフト券 ・優秀賞2点 3千円分相当ギフト券
(2)英語自由句部門
最優秀賞1点 3万円分相当ギフト券 ・優秀賞2点 3千円分相当ギフト券
(3)日本語課題句部門
最優秀賞1点 1万円分相当ギフト券 ・優秀賞2点 3千円分相当ギフト券
(4)英語課題句部門
最優秀賞1点 1万円分相当ギフト券 ・優秀賞2点 3千円分相当ギフト券
応募上の注意

応募作品の著作権は、主催者に帰属いたします。
(印刷物やWEB上で入賞・入選作品が発表されることをあらかじめご了承ください。)

【自由句部門】

  • ●応募は写真・俳句ともに同一人物の自作・未発表のもの、著作権を本人が有しているものに限ります。
  • ●人物が写っている作品については、撮影・応募に関する承諾を応募者が責任を持つ形でご提出ください。
  • ●応募点数はお一人様3点まで(写真と俳句でワンセット=1点)。

【Webでの応募】

  • 応募フォームに必要事項をご記入ください。
  • ●添付写真は1回につき5MBが上限です。

【郵送での応募】

  • ●郵送で応募される方は応募票を印刷し、作品1点につき応募票1枚を裏面に貼付してお送りください。
  • ●プリント写真のサイズはA4以下です。
  • ●写真1枚につき俳句一句をそえてご応募ください。

<応募先>
朝日カルチャーセンター 瀬戸内・松山写真俳句事務局
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-1中之島フェスティバルタワー18階

【課題句部門】

  • ●課題写真に対して俳句のみ募集します。
  • ●応募点数は課題写真1枚につき、お一人様1点まで。(課題写真すべてにご投句いただいた場合、お一人様の投句上限は8句となります。)
  • ●自作・未発表のものに限ります。
  • ●課題写真の番号を間違えないようにご注意ください。